1週間前に投稿

(出典: fencehopping)

2週間前に投稿

ある人が古くさい高級腕時計メーカーの社長になったとしましょう。
その新社長は、会社の資料ひっくり返して、大昔に作った限定品とか、持てる技術を注ぎ込んだ一品物とかの
資料を探すんです。

で、これはと思った物を見つけたら、その持ち主を探偵とかに頼んで捜すんですね。
それで運良く持ち主の高級腕時計コレクターを見つけたら、売ってくれ、とは頼まないんです。
オークションに出してくれ、と頼むのです。
そしてオークションに出されたら10億円とかスゴイ値段で落札するのです。

もちろんそれは世界中で大ニュースになりますよね。
史上最高額の腕時計!と。
10億円元の持ち主に払いましたが、あとはただで自社を宣伝してくれるのです。

そしてその後、その落札した高級腕時計のレプリカを、500万円で限定500セットとかで売り出すのです。
世界中でニュースになった物なのに、たった500セットなら簡単に売り切れますよね。
で500万円×500セットで、25億円懐に入るのです。
さっきの10億円の投資は回収できましたね。

ブランドとは歴史や伝統が作る物、ではないのです。
こうやってステマっぽいやり方ででっち上げる物なのですよ。

過コピペ@2ch タブーかもしれないコピペ集 披露宴でのタブー 他 (via growmoss)

(出典: kakopipe.blog38.fc2.com)

1ヶ月前に投稿

32: ニールキック(神奈川県) 2014/03/02(日) 18:31:33.09 ID:8D6kiOAQ0
もんじゅにも関係ある電機メーカーだけど
会議室のパソコンにもGOMプレイヤー入ってるよ

日本の会社なんてそんなもん

44: スパイダージャーマン(福岡県) 2014/03/02(日) 18:35:52.55 ID:NVpg94SW0
»32
メーカーとして危機感無さ過ぎだろ
いつか情報抜かれて、大変な目にあうぞ

原子炉以外に、防衛とか最新鋭技術とかもやってそうだし

54: ニールキック(神奈川県) 2014/03/02(日) 18:40:43.20 ID:8D6kiOAQ0
»44
システムに電話して「フリーソフトいれます」って言えば
ワケワカランもんでも入れ放題だしな

ザルすぎてやばいよ
最近もウィルス騒ぎ起きてたし

おっさん世代のPCリテラシーの低さはやばい
さらに今の若いのもPCリテラシー実はクソ低い
ソフト使うのはうまくても、基本の仕組みを理解してない
「仕組みは知らないけどこうすると動くんですよ」系

30~35くらいの世代だけだよPCそのものにちゃんと理解があるのって

もんじゅのPCがウイルスに感染・・・しかも動画再生ソフトから←何故動画ソフトが必要なのか? : SIerブログ (via plasticdreams)

PCについていけなかった世代と、はじめから出来合いので十分だった世代の狭間って5年ぐらいなのか。

(via daxanya1)

1ヶ月前に投稿

野田:例えば、文章を書かせるんです、ロジカルに。実は、文章が書けないマネジャーはけっこう多いんです。全部、部下に書かせているから。PowerPointも、Excelもだめですよね。今、悩んでいるのはコピー機の使い方を教えるかどうかです。複合機になっているから使えないんですよ。これ、中小企業に行ったらだめなんです。

—そんな人を欲しがらないでしょうね。

野田:要するにこれは雑用力なんです。ちょっとお恥ずかしい話ですけど、社会人材学舎に働きにきた人はみんな大企業出身なんですよ。最初に何をするかというと、私の秘書に「これ、コピーを取っておいて」とやるんです。これを禁じました、自分で取れと。

—なるほど。

野田:お茶を入れるのを待っているな、自分で入れに行けと。この小さなことが、中小企業でものすごく嫌がられるんです。あのおやじに何で私がコピーを取らなきゃいけないのと。でも、そこをすっと複合機に行って、ちゃっちゃっとやると、「あれ?」ということになるでしょう。

1ヶ月前に投稿

■1.おみやげは「手渡し」する

 おみやげを渡すのは、コミュニケーションが目的ですから、机の上に置いておくようなことはしてはいけません。だから、個包装されているモノでなくても大丈夫です。
 会話がしづらい相手がいる場合は、おみやげを2種類以上用意しておくと良いのです。たとえば、沖縄に行って「ちんすこう」をおみやげで買って帰るとしたら「宮古島の塩」「石垣の塩」「パイナップル味」のように数種類を用意しておくと、「どれにしようかな」などと話のきっかけを作ることができます。


■2.年賀状は1行だけ書き添える
宛名も裏面も印刷したものでかまいません。手書きの必要はないのです。ただし、印刷面は、近況などを入れるようにしなければ、送る意味がありません。
 私の場合は、昨年の出来事などの近況を書いた文や写真で簡単に読めるものにしています。(中略)

 また、こちらが元旦に届くように送ったとしても「賀正」とだけ書かれた年賀状に返事は書きづらいですが、近況が書かれてあれば相手もネタがあるので返事を書きやすいわけです。
 年賀状の気づかいは、相手に話題を提供することです。手書きで書くことが気づかいではないのです。


■3.「やってみた」を報告する
「こんな本が良いよ」と言われたら読む。
「面白い場所があるよ」と言われたら行く。
 たった、これだけです。重要なポイントは、その後報告する、または取りかかったことや途中経過を報告する、ということなのです。(中略)

 経緯や進捗を伝えておくことが「気づかい」なのです。おべんちゃらを言うのではなく、言われたことで自分が何かを実行したならば、それを「伝えるだけ」です。


■4.「過去の栄光」を聴き出す
 上司への気づかいで一番効果的なものは、えっと、会社を辞めて独立しているから、言えるノウノウですが……。
 おべんちゃらを言わずに、過去の上司の成功体験を聴く……これだけです。(中略)

 上司の過去の栄光話は、火の粉がかかりませんし、世代間ギャップもありません。上司になるくらいの人ですから、「栄光話」はあるはずですし、その話を聞けば、沈黙することもありませんし、相手の機嫌も良くなりますから、一石二鳥なのです。


■5.アポイントは3択で素早く決める
私の場合、アポイントのメールは、基本的に3択にして、返事を待つようにしています。
 そうすると、相手はどれか1つを選択すれば、その時点で予定は決定します。
 1回の往復で日程と時間が決まるのです。
 たくさんの候補から選ばせることが必要な気づかいではないのです。速く仕事を実行に移すための時間を与えることが、本当の意味での気づかいでしょう。


■6.手紙に合わせてメールを送る
 アナログツールである手紙を送って、届いたタイミングで、メールも送信するようにします。そうすると、手紙を読んで、相手は返事を私のメアドを探すことなく、受信したメールに返信するだけで済みますから、相手の手間を省くよう「リアルなお手紙+デジタルなメール」を、タイミングを同期させて送るようにするのです。
 私自身も編集者さんから直筆のお手紙をいただくこともありますが、そういう仕事はやはり受けることが多いです。返事の連絡はメールですから、こういう順番で送っておけば、相手が楽だということを知っていたのです。
2ヶ月前に投稿
2ヶ月前に投稿
昔、何十万部も売れる本をどんどん出していたやり手編集者の人が、「本の中身を読ませたら負けだ」と言っていた。つまり、買って帰って、けっきょく読まないような本、それこそが売れる本だ、ということ。「中身で勝負」なんていうのは、その時点で負けていると言っていて、大変に衝撃的だった。
3ヶ月前に投稿
ネット見てるとホント現代社会は寛容さが足りない気がするよ。「好きなものを愛でて、好きになれないものはスルー」、たったそれだけでおおよそ穏やかに生きていけるのに。
3ヶ月前に投稿

弊紙ではなく利用者に対して立場の弱い航空会社へクレームが入った事態に弊紙は失望しています。

航空会社を萎縮させるクレームに対する弊紙の強い抗議の意を表し、差し替えのお知らせとさせていただきます。

4ヶ月前に投稿
スピーチの際あがってしまう人は、自分の体裁ばかり気にして、相手を楽しませる準備を何もしてこなかった人に多いのです。

名言ランキング~Twitterで本の名言を共有~InBook.jp (via usaginobike) (via dorsia)

ぎくー! (死語)

(via nakano)

(via irregular-expression) (via gkojax) (via stratums) (via ishikura) (via kynbit) (via aerogenerator) (via ymmt03) (via ak47)

(via masarst) 2010-04-16 (via gkojay) (via usaginobike)

(via edieelee)

(via tex) (via motovene)

(via twominutewarning) (via gkojay) (via knsjx) (via shortcutss) (via mokn12) (via anikitowatasi) (via narukish) (via tora-friday) (via valvallow) (via atm09td)

(via rokuroku) (via itokonnyaku) (via dannnao) (via aso)